生き続けるために必要な酵素。
体内の酵素が失くなると生きていられないらしい。
しかも酵素には消化酵素・代謝酵素・食物酵素があるが、前の2つは体内にしかないもの。
食物酵素は食物に含まれている酵素で唯一体外から取り入れることができる。
食物酵素を取り入れて体内にある消化酵素をどう補える?!と疑問はあるが、ないよりあった方がいいはず。

ということで、生野菜や果物、発酵食品に含まれているので、私は毎朝無調整豆乳に自家製甘酒を入れたものを飲み、1日2回の食事の中で必ず生野菜を小鉢に山盛り食べていると会話をしていた中でのことばです。

生キャベツを食べるとお腹が張るんです。ガスが溜まって困るんです。

生キャベツに限局され驚いたが、そういえば私も、たしかにここ2,3日はやたらと腹ガスが出る。

つい最近は、毎晩深夜0時前後にトイレに駆け込み下していたことのほうに意識があって、腹ガスは全く気にならなかった。
(深夜0時前後の泄瀉は、東洋医学では胆のうの影響、肝臓が作用していると考えられています。ストレスによる気機の失調のあらわれです。)
腹満は、肝気の疏泄不調でもあります。
中医学的には肝気鬱結ですが、
キャベツにあるグルコシノレートの分解生成物であるイソチオシアネートがガス発生の原因のようです。

イソチオシアネートは、グルコシノレートとミロシナーゼが接触して酵素反応が起きてできるものです。

生キャベツだけではなく、大根、ブロッコリーやカリフラワー、白菜、ケールなども生でシャリシャリ食べるとガスが発生します。

だったら、生キャベツを摂らなければいいかというとそうでもなく、最近よく耳にするブロッコリーのスルフォラファンはこのイソチオシアネートの名称の1つだそうです。

イソチオシアネートは体内の解毒酵素の働きを高め、がん細胞増殖抑制するのでがん予防効果があり、抗酸化力を高める働きもある優れもの。

生成される元になるグルコシノレートは、グルコースおよびアミノ酸の誘導体であり、硫黄と窒素を含む自然由来の有機化合物の群に属していて、ミロシナーゼは酵素。

この2つは互いに別々のところにあって、すりおろしたり咀嚼することによってイソチオシアネートができる。
このイソチオシアネートは比較的加熱に強いが長時間はだめみたい。
蒸すのがいいって最近よく言ってますよね。

で、ここでまた疑問が出てまいりました。
生で食さず蒸す場合は、野菜を細かく砕いたりしてから蒸すべきではないかと。

イソチオシアネートを作ってから蒸すべきかなと思ったのですが。
大根、ブロッコリーやカリフラワー、小松菜、チンゲン菜、芽キャベツなどでも、軟らかくなるまで蒸さないってことかしら。

比較的生で毎日食べるとすれば、この中ではキャベツぐらいですよね。

だから生キャベツに限局され、生キャベツを食べるとお腹が張るということが理解できますね。

青汁も同じようになるということです。

ただこのイソチオシアネートの上限摂取量はどれぐらいでしょうか。
虫から守るための防虫効果もあるものだけど、意識して食すぐらいは問題ないのかな。

それにしても私の経験上、腹ガスが気になったときは、お菓子や小麦をつかった糖質のものを多く食べた時やストレスで便秘と下痢を繰り返したりと腸内環境が悪い時に腹ガスがかなり多くなりました。

腹ガスが多くても出せる環境であれば全く問題なく、お通じもよくなります。
しかし、仕事中などや腸内環境が悪い時には、お腹にたまりかなりつらくなります。
そんな時は控えたり、すりごまやトマト、黒酢やレモンなどを食したり、ストレスをためないようにするといいそうです。

鍼灸でリラックスする、鍼灸でお通じをすっきりさせるのもおすすめです。

ご意見などございましたら、遠慮なくお教えくださるとありがたいです。