羅漢果
羅漢果
羅漢果(ラカンカ)です。
中国人の友人から乾燥させたものを頂きました。
アヒルの卵みたいにまあるいままもらったのですが、割れてしまいました。

羅漢果は中国の一部の地域に生えるつるのある多年草の果実だそうです。

乾燥させたものを砕いてお湯に浸して飲むと甘味があります。

甘味成分はブドウ糖と果糖とトリテルベン配糖体で構成されていて、体内に吸収されず排出されるようです。

中国では咳止めとして貴重なものだと友人からいただきました。

「喉にいい。咳止めになる。」と言って、少しをお湯に浸して飲むようにと教えてくれました。
ただ、1日経ったものは飲まないように。
「宵越しのお茶は飲んではいけない。」だそうです。

テレビで羅漢果はカロリーが0だからと、羅漢果の粉末を大量にお砂糖の代わりに使っているのを見たり、糖尿病に良いと言っていたりしているのを見ると疑問に思います。

私はよろしくないと思います。

実際私が、友人に言われたようにして飲んでみました。
窓を閉め忘れて寝ていたせいで、右の扁桃あたりが少し痛かったときに。

甘い。

しばらくするとインシュリンが出てきたような低血糖様の空腹感がでてきましたよ。
寝る前だったので、私は耐えました。

糖尿病の方は注意すべきだと思います。

良いと言われて多量に摂取される場合が多いので、ほどほどに。

ただ翌朝には、喉の痛みは全くなく、イガイガもすっきりなくなっていました。

脳の活性酸素を消失させるや抗酸化作用があり、代謝もよくなるなどとありますが、過度の使用は気を付けたほうがいいですね。

鍼灸院に少し置いてありますので、当院ご利用の方で、興味があればお申し出くださいね。