施術に対してのこだわり

 

1.ここち良いはりきゅう・優しいはりきゅうについて

 

 

 

2.徹底した清潔操作について

 

 

 

3.刺激の少ない鍼でリラックス・抜鍼時の不快感について

 

 

 

4.メイクアップしていない素肌を確認する理由について

 

 

 

5.お顔専用の鍼の使用について

 

 

 

6.東洋医学と西洋医学の融合する鍼灸施術について

 

 

 

7.美容鍼と肌力について

 

 

 

8.美容鍼と鍼通電について

 

 

 

 

1. ここち良いはりきゅう・優しいはりきゅう

 

 

じんわりと鍼灸の効果が得られ

これはお得だと思っていただける技術を提供

 

リフレッシュできる鍼灸として

鍼の刺激は少なく感じるも効果的に行い

あまり強い刺激は与えません

 

特に刺激に敏感な方には

身体の鍼でもお顔に使用できる細いはりを使用

また、むやみに深く刺すことはありません

 

 

 

2. 徹底した清潔操作で安心

 

ディスポーザブル鍼(使い捨ての鍼)を用います

公的医療機関で培った

清潔・不潔操作は徹底しております

 

一度抜いた鍼を使って

 

もう一度刺すということは行いません

 

滅菌された鍼で消毒した手を使って

消毒した皮膚に刺します

しかしながら

一度抜針した鍼をまた刺すという行為が

あまり気持ちの良いものではないと思っております

 

鍼を受ける側と鍼を刺す側

両方のリスクマネージメントを行っております

 

3. 刺激の少ない鍼でリラックス、鍼を抜く際の不快感なし

 

 

鍼を刺入する際に刺激が少ない技法で行います

 

とくに、美容鍼では

眠っていただける刺激のない鍼を意識し

 

鍼を抜く際にも

直肌の指で押さえるという

 

不潔な不快感を与えません

 

 

 

4. メイクアップしていない素肌を確認する理由

 

鍼を効果的に行うために素肌を確認

 

鍼灸治療では顔色をみることも

 

必要な経穴を選択する指標となります

 

 

当院の美容鍼では

初回の方は必ず素肌を確認させていただいております

 

 

お顔に鍼をしないほうがいい場合

 

鍼を受けた後の注意事項の目安にもなります

 

 

昨年にオープンし、美容鍼を受けに来られた中で

お顔に鍼ができない状態の方が

お二人もいらっしゃいました

 

メイクアップしていても分かる方と

メイクアップで分からなかった方です

 

お薬を飲みながらのお顔の鍼施術は行えますが

一度主治医にご相談されることをおすすめしております

 

お薬を飲まずに改善したい場合は

お顔周りの頭皮や

中医学に基づいた全身鍼灸を併せた施術を

ご提案したします

 

 

 

5. お顔専用の鍼の使用

 

お顔に使用する鍼は顔専用の短く軽い鍼

 

セイリンのディスポ鍼を使用

 

製品価格が高く、短くて軽い顔専用鍼

 

・鍼痕が残るリスクが低い

 

・シミとなるリスクが低い

 

・目の下、頬に不快を与えない

 

 

6.東洋医学と西洋医学が融合する鍼灸施術

 

美容鍼は経絡だけではなく

解剖学的に表情筋へアプローチ

 

お顔の鍼は、本数を増やすことにより

内出血などのリスクは高まります

 

そのため「本数は少なく効果的な鍼」が理想です

 

しかし、美容鍼本来の鍼をする必要性を知れば

鍼の本数は多くなることが分かります

 

少ない量の鍼でも

表情筋が重なっているところに効果的に鍼

を行うことができます

 

平たい筋肉の中の

コリがあるところに

 

また逆に、

収縮させたいところを狙います

 

長い年月をかけて現れてきた症状や

美肌には

美容経絡鍼施術は欠かせません

なんといっても腸活は絶対的に必要だからです

 

 

 

7.美容鍼と肌力

 

鍼によるお顔の肌力の影響

 

肌の新陳代謝を上げる肌力アップ

 

むくみやクマを改善する肌力アップ

 

リフトアップ

 

皮脂分泌を正常に戻す肌力アップ

 

化粧ノリを良くする肌力アップ

 

からだや気持ちをも整う力アップ

 

 

美容鍼は元々持っている肌力を最大限に引き出す環境を作ります

 

 

貴女の肌力は

 

貴女の協力(健康意識)なしでは

 

更なる肌力アップは得られません

 

 

鍼を刺すことにより肌を傷つけます

細胞からサイトカインというタンパク質が活性化

肌修復のために

タンパク質やリンパ液が流れ出ます

血液やリンパの流れに影響し

血流不足や酸素不足が改善されます

 

また、肌の弾力を維持する

ヒアルロン酸・コラーゲン線維・エラスチン


これらを作る線維芽細胞は

真皮に存在し

血管周囲の真皮幹細胞から作られます

 

鍼を刺すことで

真皮幹細胞に栄養と酸素を

十分に供給することができます

 

それに

筋肉は鍼によって緩みます

急激に緩むと

自律神経が働き筋肉を収縮させようとします

 

緩ませたり収縮したりを繰り返すことによって

筋肉が動きやすくなり

筋肉の痩せを予防することとなります

 

その結果

お肌のたるみが改善される期待が持てるでしょう

また

筋肉は、血液以上に水分を保つ貯水庫です

 

身体をみずみずしく保ちます

 

肌の乾燥を防ぐ期待を得られるでしょう

 

 

 

8.美容鍼と鍼通電

 

すばやく筋肉と神経を狙ったお顔の施術が

鍼通電低周波をセットしたものになります

 

当院では

 

美顔効果を期待して行う鍼通電低周波は

 

頬骨から下の頬や顎以外は行いません

 

 

美容のための鍼通電が

 

確実に安全である根拠がないからです

 

最近になって

顔面神経麻痺に鍼通電を行うことにも

疑問視されてきています

 

むやみに脳や神経に刺激を与えることに

 

私は、抵抗があります

 

感受性の高い、アレルギー体質、既往症など

 

不向きな場合がございます

 

他にも絶対禁忌とされる場合もございます

 

強い刺激を与えずともごく安全に

 

筋肉にアプローチでき

 

鍼によって自律神経のバランスを整え

 

からだや気持ち、不安定な症状を

 

整えることができる期待が持てるからです

 

からだや気持ちがととのうことで

 

表情が豊かになり

 

ご自身のパワーで美しく導いていきます

 

 

お顔にたくさんの鍼

お顔の症状と年齢、背景などを考慮しご提案いたします

 

お顔の症状とお身体の状態により

個別に本数を施術前にご提案いたします

 

もちろん、ご本人様の満足度を

優先させていただいております